研究概要

佐々木研のキーワードは
ナノトライボロジー表面科学計算物質科学摩擦超潤滑接着
環境にやさしい省エネルギーシステム生体分子機械
カーボン(グラフェン、フラーレン、カーボンナノチューブ)シリコン原子間力顕微鏡(AFM、FFM、DAFM etc.)分子シミュレーション
です。

スーパーコンピュータ、ワークステーションを駆使して、ナノトライボロジーの研究を行っています。具体的には原子スケール摩擦(超潤滑、接着)や環境にやさしい省エネルギー分子機械を設計する理論的・数値的研究を実験グループと協働して進めています。 生体模倣をベースにしたナノ部品組み立てによる人工分子機械の開発を視野に置いていますので、 物理・化学・生物・地学どの分野が好きな諸君でも取り組める内容です。何かに夢中になれる意欲的な諸君と協力して、新しい理工学の世界を切り拓くのが目標です。

What's New一覧を見る

2017年07月22日
佐々木が東京ビッグサイトで開催される夢ナビライブ2017の4限(13:30-14:00)に講義ライブ「ゼロ摩擦への挑戦~究極の省エネをめざす 」を行います。
2017年07月22日
佐々木が東京ビッグサイトで開催される夢ナビライブ2017の1限(11:00-11:30)に夢ナビTALK「まさつを科学する」を講義します。
2017年07月16日
本学オープンキャンパス(11:00~17:00)で研究室公開(東1号館3階314号室)を行います。
     
2017年07月01日
佐々木が文部科学省科学研究費補助金 新学術領域研究(研究領域提案型)「π造形科学」第4回領域会議で成果を発表しました。
2017年06月04日
本学オープンラボ(11:30~16:30)で佐々木研(東1号館3階314号室)の研究室公開を行いました。
風景1 風景2
2017年05月29日
佐々木が夢ナビWebで紹介されています。
2017年05月15日
佐々木がトライボロジー会議2017春 東京で、「トライボシミュレーションの最前線~分子からマクロへ」のシンポジウムにおいて「ナノスケール表面・界面における摩擦・凝着のメカニズム~理論と実験の協働」と題する基調講演を行いました。
2017年05月15日
渡邉章嗣君(M1)が本学オープンラボの公式インスタグラムのオープンラボのPR動画に出演して、研究内容の説明をしています。